×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

モビット

モビットの魅力は?

・大手都市銀行系列のモビット
・ネットや電話で簡単申し込み
・借入も返済も気軽にできるモビット
・大手都市銀行系列のモビット

最近は不況ということもあり、お給料が減ったりボーナスがカットされるということが増えています。特にボーナスカットですと、ボーナスを当てにして何か購入してしまったという方にはたいへんな問題です。また、冠婚葬祭が続くとお給料が減っている中では、やりくりが難しくなります。支払いをしないということや冠婚葬祭にお金を持っていかないというのはできません。こんな時には、一時的にカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

カードローンは、今いろいろな業者が扱いをしています。その中で大手都市銀行三菱東京UFJ銀行系列のモビットですと、安心して使うことができるのではないでしょうか?ヤミ金などもありますので、三菱東京UFJ銀行がバックについているということであれば、きちんとした業者であることが証明されています。後々莫大な金利を請求されるということもありません。当初の契約の金利できちんと計算されます。金利は9.8%〜18%という金利設定で、審査によって最大300万円までの限度額が設定されています。

モビットはカードローンになりますが、クレジットカードのように入会金や年会費が必要になってくるのでは?と思っている方もいるのではないでしょうか?お金を借りるのに、さらに手数料を払うのはちょっと…という方。モビットは、入会金や年会費は一切かかりません。お金を借りることだけを考えることができるのです。竹中直人さんと桃井かおりさんがご出演されているCMを思い出してみてください。安心できる企業であるなあとは思いませんか?

ネットや電話で簡単申し込み!

モビットのカードローンを利用してみたいとなれば、早速申し込みをしてみましょう。モビットへの申し込みは、インターネットや電話で申し込みをすることができます。インターネットですと、24時間受付をしてくれますし、携帯電話からも可能です。他にも、FAXや郵送でも申し込みができますので、自分にあった申し込み方法で申し込みをすることができます。郵送以外の申し込みですと、最短で30分ほどで審査結果がでます。

審査に通りましたら、後日モビットカードが送られてきまして利用開始となります。モビットカードが送られてきてからの利用ではまにあわない方にも、モビットは対応できるようになっています。まず、ローン申込機「すぐモビ」を使うことで、その場でカードを発行してくれるのです。後ほど、審査結果を確認し審査にとおっていれば、会員登録後すぐにカードが使えるようになるのです、

すぐモビがない方でも、金融機関の営業時間内であればすぐに振込みをしてくれます。急ぎということであれば、まず電話でモビットに相談をしてみましょう。審査にとおるか不安がという方は、申込み前にネット上でわずか10秒で簡易審査をしてくれます。まずは、この簡易審査を利用してみてください。簡易審査と言っても、一定の個人情報を入力しまして、そのまま本審査へとつながります。もっと簡単にということであれば、職種などおおまかな個人情報を入力する簡単なシミュレーション審査があります。また、実際にお金を借りた場合の返済シミュレーションもモビットのサイトですることができます。

借入も返済も気軽にできるモビット

モビットカードを発行してもらいましたら、借入を開始することになります。口座に借入金を振り込んでもらいたい場合には、インターネットか電話で申し込みをしましょう。金融機関営業日で14:50まであれば、なんと早くて3分で口座にお金を振り込んでもらえるのです。勤務中などで金融機関に出向くのが難しいのにも関わらず、公共料金の引き去り等がありどうしてもお金を口座に入金しておかなければならない場合などには、とても便利なサービスです。

金融機関営業時間外などや夜や早朝に利用したい場合などは、ATMからの借入れが簡単です。全国にモビットカードを使うことのできる提携ATMはなんと72000台もありますので、全国どこでも利用することができるのが嬉しいですね。セブンイレブンにあるセブン銀行なども提携ATMになっていますので、いつでも利用することができます。もちろん、利用手数料は無料ですので気軽に利用することができます。

返済方法は、ATMから返済する方法と三菱東京UFJ銀行口座からの返済のどちらかになります。また、希望があれば銀行振込も受け付けています。毎月決まった期日、5日・15日・25日・末日の都合の良い日にちを選び、毎月その日まで返済します。ATMからの返済であれば直接自分で返済し、口座からの引き落としであれば口座に入金をしておきます。もし、今月はちょっと余裕があるので…ということであれば、追加での返済をすることができますので、利息の軽減につながります。